SSブログ

読売ランド 1978年⇒2011年 [1978]

1978年4月3日。私の正式な上京日である。最初の下宿は、小田急線の読売ランド駅から徒歩20分、小高い山の頂上にあった和田アパートだ。当時19,000円の4畳半の部屋(風呂なし、共同トイレ)だった。大学入学に合わせた上京で初めての一人暮らしであったため、全てが新鮮だったが、それ故無知な事も多かった。

読売ランド (1)_S.JPG

 写真は1978年の入居当時の部屋だ。サングラスをかけ ているのは、ただ単にカッコをつけているだけだ。
まだ殆どモノがないが、1980年祖師谷大蔵に引越しするまでこの部屋には冷蔵庫はなかった。また当時電話もエアコンもなかった。電話は大家さんの呼び出しである。
部屋の写真を見ると、右奥のテレビは実家の白黒テレビ(パナソニックの高雄だったか・・)で、左手前のラジカセは東芝製だ。当時はモノラルだった。ラジカセの手前の黒い物体はマンドリンで、その右はアコースティックギターだ。壁にはキャンディーズのポスターと宇宙戦艦ヤマトのポスターが見える。当時は月額6万円の仕送りだったので、約4万円が食費、雑費、光熱費に充てられていた。
この部屋はゴキブリが多く、夏に1ヶ月程度実家に帰って戻ってみると、日記の表紙が全部食われていたなんていうホラー映画みたいな事件もあった。とにかく駅から遠いので、駅そばの風呂屋に効率的に行くため、毎日学校に風呂の道具を持参して歩いていた。窓の外には巨人軍の二軍合宿所が見えており、私は巨人の星を思い出していたものだ。

 

読売ランド (2)_S.JPG右の写真は2011年に読売ランド駅前を撮影した際の映像だが、このアーケードとOdakyu OXは当時と全く同じ場所に同じようにある。
Odakyu OXは、毎日のように食料を買いに行った場所だが、もう一箇所、「サンコー」というスーパーがあり、1978年5月頃にはそこでレジのバイトを始めた。本格的なバイトは初めてだった。キッカケは私の部屋の向かいに住む「丸さん(千葉県出身/専修大学)」が働いており、彼の勧めでバイトを始めた。しかし当時のレジ仕事は、サンコーの方針でお釣り等の作業を自動化せず人力でやっていたため、特に私の担当レジで誤差が多く(要するに私が釣りの計算を誤っていたということ)、1ヶ月程働いただけで辞めることになるという苦い思い出がある。そのため今でもスーパーで買い物をすると、その当時の思い出が蘇る。

読売ランド (3)_S.JPG
読売ランド駅周辺。
ここ辺りはあまり変化がなかった。
(撮影2011年5月撮影)


読売ランド (4)_S.JPG

アパートの大家さんの家のあった周辺。
奥の白い家の密集する辺りだ。
(撮影2011年5月撮影)

読売ランド (5)_S.JPG

アパートの大家さんの家の裏手で、
アパートの入り口があった付近。
(撮影2011年5月撮影)

 
読売ランド (6)_S.JPG

当時のアパートの入り口の石段はそのままあった。
現在は戸建てに変わっていた。
(撮影2011年5月撮影)

 

1978年4月~6月の世相メモ:

 (1978/4/4)
キャンディーズ・後楽園でさよならコンサート

(1978/4/6)
アイビーファッションの「VAN」倒産
池袋に「サンシャイン60」オープン

(1978/4/17)
原田真二:4th シングル「タイム・トラベル」発売
世良公則&ツイスト:2nd シングル「宿無し」発売
中島みゆき:4thアルバム『愛していると云ってくれ』発売

桑田、世良、原田は新ロック御三家なんていうくくり方をされていたっけ。
音楽番組ではTBSのザ・ベストテンが世間の話題を席巻していた。

---------------------

(1978/5/1)
山口百恵:22nd シングル「プレイバックPart2」発売

(1978/5/20)
新東京国際空港(成田)が開港

(1978/5/21)
沢田研二:23rd シングル「ダーリング」発売

(1978/5/25)
勝新太郎:アヘン容疑で書類送検

----------------------

(1978/6/1)
福岡県で給水制限はじまる。
貯水率は7%まで下がり、水泥棒・水売りまで出現。

(1978/6/20)
アリス:13th シングル「ジョニーの子守唄」発売

(1978/6/21)
郷ひろみ:27th シングル「林檎殺人事件」With樹木希林 発売

(1978/6/24)
サザンオールスターズ:1st シングル「勝手にシンドバッド」発売
ピンク・レディー:8th シングル「モンスター」発売

(1978/6/27)
サザンオールスターズがテレビ初出演(ギンザNOW)

⇒サザンオールスターズがフジテレビの夜のヒットスタジオに登場したのは7月31日と記録にある。「勝手にシンドバッド」は発売当時売れ行きが悪かったと当時の担当者に聞いた事があるが、私はこの放送を見ていたが、桑田さんの声とパフォーマンスを見た私は本当にぶっ飛んだ思い出がある。これをキッカケに「勝手にシンドバッド」は1位に輝き、日本に新しいロック史を刻んで行くのである。
今でも好きな山下達郎さんは、まだ一般的な認知から非常に遠い活動をしていた。彼の3枚目のオリジナルアルバム「GO AHEAD」が出るのは1978年12月である。


 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。